君子豹変

心のゆとりのある人達はどこへ行った?

 最近の世情を見ていると怒りたくなる事が多々ある。平気で道理の通らない主張、行為、政策がまかり通っている。また問題に上がっても潔く責任を取る者も現れない。特に今の日本の人達は目先の損得でのみ動いている。損する事は廃止する。得しそうな事はこぞって飛びつく。しかしそういう人達は結局、金に愛想をつかれ、金を追いかけながら、金に逃げられている。卑しすぎる。。。

 儲からなくても損しても、損得に関わらず素晴らしい事、社会的に意義のある事には金を出す。。。たとえ大きな儲けになっても、人の道を外す事、社会的にマイナスな事ならばしない。。。こういう風に心にゆとりのある人達はどこへ行ってしまったのだろうか?ほとんどいなくなってしまったようだ。

 たとえ金へのゆとりはなくても、心にゆとりを持つことは誰でもできる。

 ポケットに100円しかない。でもその100円でパンでも買って飢えている人に与える事ができる人は全財産を人に施す事のできる心豊かな人である。また1000万円の貯金を持っていても1000円しか人の為に使えない人は100円よりも金額が多くても、1万分の1しか心のゆとりのない可哀想な人である。1億円の資産を持っていても、人に全く与える事なく、マネーゲームをしながら金ばかり追いかけている人は救いようのない人である。

 人の為に尽くすという事は自分の身を削る事である。量ではなく、どれだけの割合の身を削れるか。。。そこに人の価値がある。結局、最後には全財産100円を人の為に使える人のところに、金が集まってくるようになるんだよね。
【カテゴリー】 未分類
コメント(0)

穀物の先物で飢える人達が増える~穀物先物も規制すべき!~

 トウモロコシをはじめとする穀物価格も原油価格と同様に上昇している。原油の代替エネルギーとして穀物類の発酵から得られるエタノールの話題が上がっているからだ。原油のケースと同様に、サブプライムの影響で博打打ち(投機家)達がなだれ込んできている。その結果、インドでもアメリカに対してクレイムが上がっている様に、穀物類の価格も上がり、低所得層の人達が食料としての穀物を買うことができなくなってきている。おそらく貧しい国では餓死する人達が増える事だろう。投機家のマネーゲームの為に。。。

 穀物の先物取引にも規制をかけるべきである!またはトウモロコシでも食べられる部分は先物から外し、葉っぱとか食べカスとか、食べられない部分だけ先物商品とすれば良いと思う。セルロースからのアルコール発酵では、食べられない部分であっても全く関係ないはずだ。

 日本では米の先物は禁止されている。市場が閉鎖的だとか保護政策だとか批判して、解禁をあおっている馬鹿がいるが、先物、転売の対象となって投機家のマネーゲームにより米の価格が10倍とかに上がるとどうなるか?日本の米を主食とする食文化は破壊されます。飲食業も崩壊するでしょう。今の日本人に米騒動を起こせる程、元気であれば良いが、確実に経済も含めて国が荒れるのは明らかです。生活必需品に関しては規制をかけて投機の対象とするべきではない事が分からない人達は一度財産を失って、苦しい経験をしてみた方が良いと思う。市場における自由競争は、あくまでも市場以前のベースとなる国家の平安、経済の安定、食料の安定供給、治安等の基本的な事が守られているのが前提だ。これを抜きにして、自己の利益のみを追求するのは餓鬼道であり、ビジネスをする資格すらない。物の順序が違う!

 それから是非、自由競争の原理を導入してもらいたいのは医療の分野です。国の保険の保護の陰で、大した開発もしないで、ライセンスビジネス、権利ビジネスだけで稼いでいる人達が、薬剤、医療機器の世界では少なくない。是非、自由競争をさせるべき。今の時代、競争させればサービスの質が落ちるなんて言う馬鹿者もまさかいないでしょう。重要なサービスを手抜きすれば市場から抹殺され、サービスの質を高めて行かなければ生き残れない環境を作るべき。国の財政も、次の次代の為の研究開発費も圧迫しているのは医療費です。まず医者や看護士よりも、医療の過保護で甘い汁を吸っている人達をなんとかすべき。診療報酬の問題はその次です。色々な業種の人達を見ていると、研究勉強を怠り、株や投機に夢中になって、頭が呆けた様になっている人達は、医者や歯医者に圧倒的に多い。立派な医者、歯医者とそういう人達はハッキリと差をつけるべき。それから医師免許の更新の為の試験や講習があっても良いのではないか?車の免許よりも人の命に関わるのだから。

 と、脱線しすぎてしまった。。。
【カテゴリー】 未分類
コメント(0)

原油が至上最高値~原油の投機目的の取引を規制せよ!~

 原油高で日々、最高値が更新されている。色々な企業を見ていると軒並みに資材が高騰し、10%程度の値上げはなされている。これまで企業レベルでかなり価格が緩衝されてきていたが、もう限界に近く、物価の上昇、インフレは避けられないだろう。

 原油の高騰の理由を皆さんは知っているのだろうか。。。?

 発展めざましい中国が買い占めている訳ではありませんよ。
 マネーゲームで食べている投機家達が、サブプライムの影響で株、証券では稼げなくなったので、原油になだれ込んだのが原因です。不動産ならばバブル崩壊で程々のところで一気に価格が崩れますが、生活必需品の原油の場合は価格が崩れずに、全ての石油製品の価格に値上った分が転嫁され、インフレを引き起こす寸前になっています。

 要するに生活必需品の原油で博打をやっている連中が悪いわけです。

 事態を打開する為にも、仲買を排除とまでは言えませんが、少なくとも原油を先物取引を規制するべきだと思います。やはり生活必需品を博打の対象とする事には問題があると思います。お馬さんでギャンブルをするのとは訳が違います。世界中の人々が大迷惑です。

 また原油先物取引の営業連中の話を聞いていると、インサイダー取引スレスレでやっている。。。というよりも事実上はインサイダーである。何故もっと法的な規制を強めないのか?
【カテゴリー】 未分類
コメント(0)

過去の教訓を無視して銀行に博打を許した~金融証券分離の規制緩和~

 過去の歴史では世界恐慌で証券業務を行っていた大銀行が倒産し、皆が多大な損害を被った。その事が教訓になり、日本でも銀行が証券に手を出してはいけないという「金融証券分離」の法律ができた(証券取引法65条)。しかし最近、目先を動く大金に目がくらみ、「規制緩和」と綺麗事を並べて実質的にはその法律を撤廃した。

 その結果「○○ファイナンシャルグループ」といった銀行業務と証券業務を行うグループが増えたが、これは要するに世界恐慌の教訓を無視して、銀行が皆から預かった金で、株や証券等の博打をする事を許した事を意味する。非常に愚かな事である。

 早速、この事が仇となって日本の銀行グループはアメリカの不動産バブルに引っかかって、何兆円の単位で博打ですった。サブプライム問題である。この多大な損害による悪影響は近年中にも日本の経済に現れてくるはずである。日本のバブルの精算が落ち着いてきた頃に、今度はアメリカのバブル。。。「金融証券分離」を覆した責任は一体、誰が取るのか?
【カテゴリー】 未分類
コメント(0)

世界的な不況の前触れ~スタグフレーション~

 現在、世界的にインフレに対する警告が出ている。日本の場合、どう見ても不況であるので、スタグフレーションの警告と解釈しても良いとだろう。

 スタグフレーションとは不況とインフレが同時に来る現象です。企業は経営が厳しくなり、雇用者は解雇され、職を失う人が増えます。職がなくなると収入もなくなりますが、さらにインフレにより物価が上昇するので生活必需品すら買えない人達が増えてきます。そうなるとさらに社会的に金回りが悪くなるので、企業は経営が一層厳しくなり、負のスパイラルに陥っていきます。また国家も税収が減りますので、最悪は国家破産につながります。治安も悪くなり、暴動が起こるかもしれません。

 スタグフレーションになると経済の末期ガンのごとく、経済政策も金融政策も全く効果がなく、国家破滅の一途を辿っていきます。国際的に大きな決断が求められる事態になるかもしれません。
【カテゴリー】 未分類
コメント(0)

海の中で鯉のぼり!

今日は「こどもの日」、端午の節句です。
ゴールデンウィークに潜りに行っている人達にとってはきっと最終日でしょう。
ダメですよ~。欲張って明日も潜って、すぐに飛行機に乗るのは!

実は海の中でも鯉のぼりは見られます。↓

鯉のぼり

少し違うのは自分は鯉になって、鯉の気分を味わえるところです。
陸の上では経験できない感覚です。
手を離すと。。。飛ばされます。
ガイドに迷惑をかけますので、それはやめましょう!

船から飛び込んで潜行するドリフトダイビングとは違って、
アンカーロープをつたって潜るダイビングですが、
行動範囲は狭くなりますが、これはこれで面白いです。

流れの速い時は自分の体も、吐いたエアーも真横になります。
そんな時は「どうにでもなれ!」の「まな板の鯉」です。笑

ここのところ、南の方の海況が良いという事なので、
今日、こういうポイントで潜っているだろう人達がきっといる!
と思うと、うらやましくなります。

東の根1

東の根2

水平、垂直に削られたいくつもの大きな岩が遺跡を思わせますが、
与那国ではないです↑
ここで100匹以上のマグロの群れが現れて、周りをクルクル回って
くれたときは感激します。驚いて、パニックになる人もいたり。。。

近いうちにでも、皆が一生懸命、仕事をしている時に、
パラオかモルジブか、電話のつながらないところに逃避行します!

もしいいパートナーが見つかったら。。。タヒチだな。笑
【カテゴリー】 未分類
コメント(0)

DNAに生物の全ての根拠を求めるのは無理

 ゲノムプロジェクトというのがあって、コンピューターを使って人間のDNAマップを一生懸命作っていた時があった。でもそろそろ熱心な研究者ならばDNAに生物の全ての根拠を求めるのは無理がある事に気が付いているはず。先日も、T大のドクターを目指す知人がDNAを捨てて、いきなり医学部に行ってしまった。彼の場合は医学部にも愛想が尽きて、辞めるかもしれない。

 スプライシングの判断根拠はどこにあるのか?
 肝心な情報はDNAではなく、どこにあるのだろうか?

 人間の存在、人間の本質は肉体ではない。当然、本質的な情報は物質にはない。ただ肉体にはヒントが沢山ある。

 死んだ後は肉体は火葬にされて全て灰になる。魂が生まれ変わる事に気が付いている人ならば、肉体に全ての情報がない事は分かっているだろう。あの世の様な世界の存在も、今は物理学的に導き出せるところまで来ている。来ていない!という人は勉強不足。相対性理論、量子力学を追求するべし。

 情報の保存に関しては量子的かな。
【カテゴリー】 未分類
コメント(0)

時間と空間のない世界

 相対性理論、量子力学を追求すると時間と空間のない世界が近づいてくる。今は物理学を通して、真実の世界を追求する事ができる。先人の偉業に感謝申し上げる。

 時間と空間のない世界とは、自分の「意識」で時間と空間が決まる世界。現実の世界ではテレビやラジオ。。。携帯電話でも感覚がつかみやすいです。

 物理学者ではないので、別に複雑な方程式を見なくても良いし、方程式を証明する必要もない。そこから導かれる真実から現実の世界がどうなのか考えるだけでよい。
【カテゴリー】 未分類
コメント(0)

確率のない世界

 サイコロを振ると1、2、3、4、5、6のどれかの目が出る。それぞれの目は6分の1の確率で出ると数学でならったと思う。

 ところが本当の世界では1分の1の確率で1つの目がでる。こうなると「確率」とは言わず「必然」。実はこの事が易の原理になる。

 「確率」を作り出す原理があり、この世界ではその原理が働いていて「確率」が現れている。この原理が何か?どうやったらその原理が外れるのか?そこに易の奥がある。

 「神はサイコロを振らない」。。。本来の世界は必然である。
【カテゴリー】 未分類
コメント(0)

相対性理論と量子力学はあの世の物理学

 科学者、研究者というならば相対性理論と量子力学の基本位は分かっているべきである。それもただ数式の導き方を知るのではなく、2つの理論から私達が住んでいる世界がどういう世界なのかを知る事が大事。

 ただ量子力学はまだ未完成。アインシュタインの「神はサイコロをふらない。」というのが実は大きなヒントになっている。
【カテゴリー】 未分類
コメント(0)

3ページ目/41234

  • カテゴリー

    • カテゴリーなし
  •